読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虚無→散財→充実

飽きたら更新が止まります。

Beats Xを買った!

AirpodsかBeats Xか。信者なら両方買おうっていうお話なんですが、Airpodsがあまりにも供給不足なため一旦あきらめてBeats Xを買いました。

AppleのOnlineStreでポチってから届くまで約2週間かかりました。

www.beatsbydre.com

 購入初日の感想。

ワイヤレスは思っていた以上に快適。

iPhone7になってからイヤホンジャックが廃止された、というのも元々iPhoneで音楽を聴いていなかったわたしには無縁な話だった。

外出時に音楽を聴くとなったらもっぱらXperiaでh.ear on WCを利用していた。

しかしヘッドホンはやっぱり大きいから荷物になるのが大きな欠点。

ということで、せっかく128GBモデルを購入したからiPhoneで音楽聴けばいいんじゃない?っていうのが購入に至った理由。

ホントはAppleに貢ぎたかっただけです。

 

h.ear onもワイヤレスではあるもののヘッドホンの性質上、頭に何かを装着している感はすごく強い。

Beats Xは耳穴への違和感以外特に装着感がないのが良い。

ペアリングも非常に簡単。Beats Xの電源を入れてiPhoneを顔に近づけるだけで接続ができる。

その上iPadMacとの接続切り替えも一瞬だ。すごい!

 

肝心な音質は・・・

普段聴いているPHA-3+MDR-Z7とは比べ物にならない。雑魚って感じ。

そもそもヘッドホンアンプを経由したヘッドホンとワイヤレスイヤホンを比べるのは間違っているのだけど。

 

はじめてBeats Xを耳に装着して音楽(硝子ドール)を再生した時は(なんだこの音は……高音に伸びがなくて低音も響かない曇ったような感じだ……)と思ったものの、ヘッドホンオーディオとは別物であると割り切ればまぁまぁ悪くないかな。及第点といったところ。

割とフラットな鳴り方をするためEQで調節してあげた方が良いかもしれない。

 

カナル型イヤホンであるためやはりタッチノイズは気になる。首や肩を動かすとケーブルに触れてしまい、ノイズが入るのは少し不快。

しかしながら、ケーブルは首回りにしかないため普通のケーブルイヤホンに比べたらタッチノイズの発生頻度もそう多くはない。

 

AirpodsとBeats X結局どっちが買いなの?

わたしはAirpods所有していないからわからない。

Beats Xは物理ボタンによる操作ができるため、AppleWatchいらないところが大きなアドバンテージ。

音量調節、曲送り、再生一時停止、音楽を聴くために必要な操作はすべてボタンでできる。ボタン操作をしようとすると、ちょっと左腕が変な角度になるけど。

Airpodsはその辺AppleWatchでやらないといけないらしいからめんどくさそう。

 

以上、購入初日のレポでした。