虚無→散財→充実

飽きたら更新が止まります。

桜Trickのタチが贈る、新たな代表作『双角カンケイ。』

双角カンケイ、1巻発売当初からずっと気になっていた作品。

2巻はまだかな〜〜とずっと待っていたらいつの間にか発売していたらしい。

2巻読了後、あまりの衝撃に頭をやられてしまった……。

 

わたしはこの双角カンケイ。を百合新約聖書として布教したい。

 

以下ネタバレ要素あり。 

 

 

 

 この双角カンケイ。のなににここまでパンチを喰らったかというと、登場人物の狂気だ。

双角カンケイ。を構築するメインキャラクターは3人。

主人公の秋桜あいり。

ヒロインの朝霧ちさき。

主人公の双子の姉、秋桜ひまり。

この3人プラスサブキャラクター2人が主な登場人物である。

 

双角カンケイ。をざっくり説明すると、

 

ヒロイン朝霧先輩はひょんなことからバイト先の同僚であるひまりを好きになってしまう。朝霧先輩は意を決してひまりに告白したものの、その日双子の姉妹あいりとひまりは入れ替わっていたのだった!

ひまりのゴーストライターとして朝霧先輩とやりとりをしていたあいりだが、どんどん朝霧先輩に惹かれていく。

朝霧先輩にひまりがあいりであることを知られてしまったら終わってしまうこのカンケイ、バレたら地獄。それまで天国。わかってるけど、やめられない。

 

といった感じかな。

 

双角カンケイ。なにがよかったかというと前述したようにキャラクターの狂気だ。

1巻の後半に"雛菊ここみ"というわかりやすいヤンデレキャラクターが登場するのだが、双角カンケイ。における狂気はこの雛菊ここみのことではない。

ここみは"あいり""ひまり""朝霧先輩"この3人が発する狂気の踏み台でしかないのだ。

 

あいりは主人公パワーというか話を転がすキャラクターなので多少おかしな部分があるのも仕方ない、と思っている。

1巻で風邪をひいてしまい朝霧先輩が家にお見舞いしてくれるエピソードや、2巻でボディペイントモデルを断りきれない朝霧先輩に代わって無理やりモデルを引き受けたり。

愛する人のためならどんなことでもできそうな強固な意志と行動力がある。

ナイス主人公だ。

 

朝霧先輩は序盤から少しおかしな人として表現されているが、本性(?)を表したのはラストシーン。

「ひまりといる為ならどんなこともしますって。」

正直、初見では???な印象だった。どうしてあいりが泣いて謝っているのか、わからなかった。

「どんなことも」というセリフは1巻のお見舞いエピソードでのセリフと対になるものに感じられるが、実際はそうではなく朝霧先輩の作戦であろう。

→なぜか。

朝霧先輩は自分の恋したバイト先のひまりと、メル友としてのひまりに違和感を覚えていることは間違いない。

朝霧先輩もひまりがバイト先で会うひまりと別の人物であることに気づいていただろう。

この違和感が確信に変わったと推測できるのが、1巻の遊園地エピソード「私、迷ってたんですが…今日は泊まっていきませんか?」のあたり。

なぜ迷っていたのか。

告白したひまりとは別の人物に惹かれていることへの迷いだったのではないだろうか。

ちょうどこのセリフ、双子コーデをあいりと朝霧先輩で揃えた直後なんですよね。

朝霧先輩が双子の入れ替わりに気づいたのはこの辺りだと推測するのが妥当ではないか。

 

朝霧先輩の気持ちは変わらない。「ひまりが好き」だから。あいりがひまりを演じ続ける限りはあいりはあいりになれない。

そして2巻の終盤、朝霧先輩は「ひまりが好き」であることを証明する。

本物のひまりも、偽りのひまりも。

ボディペイントのモデルを引き受けた件→偽りのひまり

バイトのおまじない→本物のひまり

どちらか片方が好きだと明言していないし、作中でも「ひまり」という概念を好きなんだと捉えられている。

が、「ひまりといる為ならどんなこともしますって」この一言ですべて朝霧先輩の手のひらにいたことがわかってしまう。

初見でこのセリフの意図を読み取れなかったのは悔しい。

朝霧先輩はひまりが2人いることに気づいていた。

どちらのひまりも好きだけれど、偽りのひまり(あいり)を選んだってことなんだよね。本物のひまりを傷つけることなく。(むしろ幸せにしてあげている。)

朝霧先輩がひまりのあいりに対する同化願望に気づいていたかは作中だけで判断することは難しいだろう。

ふたつの本音をひとりの双子に向けて発信することで自分の好きなひまりを手に入れる。

 

語彙力がなさすぎて、思っていることを文章に起こせない病気になった。

違うんだよ!朝霧先輩は「ひまりの中にいるあいり」じゃなくて「あいりが演じたひまり」を選んだんだよ!

なんであいりが泣いてたか、ここまで感情を読み解けてない!

(騙していて、本当はひまりじゃなくて)ごめんなさい、の涙なのかな。

 

もうだめだ。言葉が続かない。読み返せば読み返すほど、どこを直せば読みやすくなるのかわからない。もう無理だ。

これ以上文章で伝えようとしても逆に伝わらなくなってしまうだけだ!!

 

オレはメインキャラクターから感じた狂気の魅力を文章に起こすつもりだったが、無理だった。無駄な努力だった。

 

とにかく、双角カンケイ。を読んでくれ。

†闇†のドロ百合を楽しめるぞ!!!

 

以上。ぐだぐだ駄文で申し訳ありませんでした。

この神がかった作品を生み出してくれた、タチ先生。愛してる。