読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虚無→散財→充実

飽きたら更新が止まります。

新しいMacBook Proを買った!!

MacBook Pro Late 2016 13インチ TouchBar付きモデルを購入しました。

3日くらい使った感想。

今までずっとWindowsマシンを使っていて、MacBook Airを気の迷いで購入したものの一瞬で手放してしまったという残念なMac歴持ち主であるわたしであるが、今回のMacBook Proはしばらく手放さないかな、むしろずっとMacでいいかな、と思ってしまう。

 

 画面が想像を超えた綺麗さ。Retinaディスプレイはここまで美しいのか、と感動してしまいました。Macは画面表示が綺麗、フォントも綺麗、画面に関して文句の付け所が一切ない。

TouchBarは現状あってもなくてもいいかな、あると便利だね〜というところ。文字入力の補助やショートカットを登録しておいて作業効率アップ!

わたしはファンクションキーまでタッチタイピングをしていなかったため、ファンクションキーがTouchBarに置き換わることで不具合を何も感じていない。

 

今回の2016版MacBook Proは第二世代のバタフライキーボードが搭載されている。そのせいでキーボードの打鍵音がとにかくうるさいと話題になっている。

しかしわたしはその"うるさい"を感じていない。今までRazer Blackwidow Chromaを使っていて最高にうるさいキーボードだったからかもしれない。とはいえ、カフェで打鍵音を気にしないといけないレベルでうるさい、などと書かれているレビューを読むとそこまでうるさくないでしょ!と感じてしまう。

確かに入力するにあたって指に力を入れて入力すればするほど、打鍵音が大きくなるのは間違いない。

しかし実際に打鍵してみればわかるのだが、この第二世代バタフライキーボードはそこまで打鍵に力は必要ない。うるさいうるさいとレビューしているレビュアーたちはちょっと指に力を入れすぎなのか、神経質なのではないかと疑ってしまう。(わたしが鈍感なだけかもしれない。)

 

TouchBar付きモデルを購入してよかったな〜1番感じているのが、USBポートが4つあることだ。

TouchBarなしのモデルには左側に2つのUSBポートが搭載されているだけなのだが、TouchBar付きのモデルは左右に2ポートずつ配置がされている。

左右にUSBポートがある恩恵として充電のコードがぐしゃぐしゃにならないことと、まだ普及しきっていないType-Cへの変換アダプタの干渉を避けられることが挙げられる。

今は便利だなぁ、と感じているレベルだがこれは後々大きなアドバンテージを生むと確信している。

 

2016年版のMacBook Proは酷評が目立つが、わたしはとてもいいマシンだと感じている。

新参者ではあるがApple製品信者として、お布施を続けていきたい所存である。