読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虚無→散財→充実

飽きたら更新が止まります。

楽しいことは素直に楽しみたい。

Apple Store渋谷店に行ってきました。

MacBook Pro Late 2016の13インチ、Touchbarありを購入しました。

 

・今回の記事には無駄な自分語りが含まれます。

・今回の記事にはMacBook Proのレビューや利用感に関することは記載ありません。

Apple Store渋谷店様の名誉を汚す意図は一切ありません。

上記を確認いただき、続きを読んでいただければと思います。

 新しいMacBook Proが欲しかったから、Apple Storeまで買いに行った。

それだけのつもりだった。

スマホXperiaiPhoneの2台持ちでメイン機はiPhone、なぜか3台も所有しているタブレットはすべてiPadという割とAppleが好きなオタクである。

Apple製品にはいつも期待していて、その期待を裏切らないでいてくれた。今回のMacBook Proもきっと期待を裏切らない製品だと信じている。

その期待をApple Storeスタッフにも求めてしまった。自分の仕事に活かせないかと仕事に対してやりがいもやる気もないのに気合い入れてしまった。

わたしは接客の仕事をしているため、Apple Storeの接客から何か学べれば〜〜とハードルを上げたのがいけなかった。

 

前置きが長くなってしまったけれど、結論を言うとApple Store渋谷店の接客は最高の体験ではなかった。まぁまぁくらい。(偉そう)

勝手にハードルを上げてなければ最高の体験だったと思う。

 

本当に自分本位で偉そうになってしまい申し訳ないのだがApple Storeのスタッフさんを試すために、わたしは3つ嘘をついた。

  1. 購入したい製品はMacBook Proと決まっていたのに、「今MacBookが欲しくて普通のやつか新しく出たProか迷ってるんですよね。」とスタッフさんに申告した。
  2. 事前にTouchbarに関してある程度下調べを行い、無駄に値段が高くなることを承知しているのに、「Touchbarありとなしどっちがいいんですかね。Touchbarで何ができるんですか?」と質問をした。
  3. 初期設定も全部家に帰って自分でできるのに、「初期設定手伝ってもらうことはできますか?」と初期設定を手伝ってもらった。

1,2に関しては本当にスタッフさんを試す意図しかなくて、申し訳ない気持ちでいっぱいだ。

 

1,2を担当してくださったのは外国人の男性スタッフ。日本語ペラペラだった。

わたしの「MacBookが欲しくて〜」と言う質問には「普通のMacBookよりも絶対MacBook Proの方がいいですよ!」とアドバイスをいただけた。

自分の利用用途にあった、ぴったりなMacBookを提案してもらえるかな、と期待していたものの特に理由の説明もなくMacBook Proをオススメされたことに若干だけれど違和感があった。

スタッフさんの提案によっては普通のMacBook買ってたかもしれないから。

何が欲しいか決まっていることを見透かされてたのかもしれないな、と思い次の質問へ。

「Touchbarで何ができるか教えてもらえますか??」と聞いてみたところ、「まだMacBook Proは出たばかりだから、対応しているアプリは少ないんだけれど…」と前置きをした上で写真のアプリとSafariを開いてこんなことができるんですよーとデモンストレーションしていただいた。

「詳しくは買ってから、後で聞いてね。」みたいなスタンスだったのが少し気にかかった。

 

購入したい製品は事前にMacBook Pro 13インチのTouchbar付きと決めてApple Storeに足を運んだため、質問は本当にイジワルでしかなくてごめんねって感じ。

そのまま、じゃあこれで!と購入へ。

 

お会計後、初期設定の手伝いをして頂いた。

初期設定で対応して頂いたのは日本人男性スタッフの方。

初期設定を対応して頂いたスタッフさんは感じのいい人で、接客対応に関して持ち帰れる部分は多かったかなーと思っている。お客様対応で必要なのは誠意と少しのジョークかなって感じた。

 

自分の求める理想の自分が無駄に目標高すぎるからそこにたどり着くために何か持ち帰れないかな〜とか余計なこと考えてしまったせいで、せっかくの初Apple Storeを最高の体験にできなかったことを本当に後悔している。

 

以上、ただの愚痴でした。

本当に性格がひねくれてる自分が嫌になるよ。

楽しいことは素直に楽しもうね。